title2.png
尚美学園大学 総合政策学部 ライフマネジメント学科 スポーツコース 江頭ゼミ

HEAD_action.gif

東日本大震災被災地支援活動

2011年5月

未曾有の被害をもたらした東日本大震災。この時代を生きる大学生のつとめとして、被災地の支援を何か出来ないか。ゼミ生の愛だから自然発生的に声があがりました。報道を通しての情報だけでは何も解らない。本当に現地が必要としているモノは何なのか、被災された方々はどのような生活を強いられているのか、積極的な学生が現地視察を行いました。

5月の被災地は、ガレキの山でした。TVの映像で何度も見た風景ですが現地に行くと全く印象が違いました。石巻市全体に、独特の腐敗臭が漂っていてとても驚かされました。門脇小学校は自衛隊が使用していました。黒く焼けただれた校舎はそのままで、学校の時計台針も被災した時間を指したままでした。周辺に残ったいくつかの住宅には、日常生活の最中に引き裂かれてしまった残骸が生々しく、僕たちの心を強く打ちました。もう少しその場にいて沢山の事を感じたかった。ですが心が痛くて10分いるのがやっとでした。早くその場から離れたい。痛々しくてたまりませんでした。

action02.jpg

DSC00535.jpg
DSC00536.jpg
DSC00538.jpg

クリックすると拡大します。

DSC00541.jpg

DSC00540.jpg

DSC00542.jpg

DSC00543.jpg

DSC00537.jpg