尚美学園大学 総合政策学部 ライフマネジメント学科 スポーツコース 江頭ゼミ

HOME > 経済効果 > なでしこジャパン経済効果

2015女子ワールドカップ なでしこジャパン準優勝 経済波及効果 1979億4400万円

2015.7.6

ソフトバンク優勝のおよそ8倍

 FIFA女子ワールドカップカナダ大会で日本(なでしこジャパン)は2015年7月5日午後4時(日本時間6日午前8時)から決勝でアメリカと対戦し準優勝となった。この事による、旅行者・グッズ販売・テレビ観戦時消費など消費者関連効果と、新聞露出・テレビ露出・競技者増加・女子サッカー観客増加など宣伝関連効果、テレビ放映権利料・取材陣交通費などメディア関連効果を勘案し算出いたしました。
 2014年プロ野球ソフトバンクホークス優勝時の経済効果は404億円(福岡県算出)と比較し、なでしこジャパンは地域が限定されていないこと、今後の競技者数増加、観客数増加など効果が広範囲に及ぶ事、大会期間が30日と長期間であったこと等が、大きく経済効果を伸ばした要因と考えられます。

経済効果

アビスパ福岡 J1昇格にともなう経済効果

TOKYOマラソン2016

ロックフェス-MONSTER baSH2015

ロックフェス-VIVA LA ROCK2015

なでしこジャパン2015W杯 準優勝

浅田真央さん 現役復帰による経済効果

川越マラソン2012大会