尚美学園大学 総合政策学部 ライフマネジメント学科 スポーツコース 江頭ゼミ

鹿児島ユナイテッドFC J2昇格経済波及効果 88億2600万円


2019.12.12

2019年シーズンJ2昇格ごの経済波及効果

J2昇格1年目となった2019年2月24日から2019年11月16日にかけて、鹿児島県内で開催された公式戦を対象に下記の項目に関し実数値より経済波及効果を算出いたしました。鹿児島ユナイテッドFCは、公式戦21試合で12万1493人を集客し、観客の消費40億円を越し二次波及効果まで算出すると88億2600万円となりました。
 

2018年シーズンJリーグ参入3年目の経済波及効果


Jリーグ3年目となった2018年3月11日から2018年11月25日にかけて、鹿児島県内で開催された公式戦を対象に下記の項目に関し実数値より経済波及効果を算出いたしました。鹿児島ユナイテッドFCは、公式戦16試合で6万4642人を集客し、観客の消費17億円を越し二次波及効果まで算出すると37億500万円となりました。
 

J2降格による経済波及効果増加額51億2100万円

試合数増加と、観客数の増加による消費額の増加が、経済波及効果を押し上げた最大の要因と考えられます。観客による交通費だけで15億9400万円増加しました。日本全国からビジターチームのサポーターが鹿児島まで観戦に来た結果です。2019年は鹿児島県外からの観客はおよそ30%、3万7200人にのぼりましたが、2018年は26%で1万7200にとどまっています。この2万人の県外来訪者が大きな効果を出しました。

 

投資対経済波及効果は100倍以上

マーケティング用語で「ROI」投資利益率という概念があります。同様に経済波及効果でも、鹿児島ユナイテッドFCが試合運営に充てた金額を「投資額」とした場合、経済波及効果が何倍あるかを検討するケースがあります。
鹿児島ユナイテッドFCの場合、2018年で74.1倍、2019年には103.8倍となりました。一般的なマラソン大会などでは、10〜15倍ですので、非常に効率が良かったことが解りました。

経済効果

  鹿児島ユナイテッドFC J2昇格にともなう経済効果
  アビスパ福岡 J1昇格にともなう経済効果
  TOKYO マラソン2016
  ロックフェス-MONSTER baSH2015
  ロックフェス-VIVA LA ROCK2015
  なでしこジャパン2015W杯 準優勝
  浅田真央さん 現役復帰による経済効果